手作りご飯で作る犬との絆|ペットインフォメーション

複数の犬

忠犬向けの小型犬

ジャックラッセルテリアの魅力は、その高い運動能力と、訓練されたことを忘れない知能の高さにあります。しつけの難しさがあり、初心者向きではありませんが、しっかりしつけて忠犬に育てたいという飼い主に人気があります。

ヨークシャテリア

ヨークシャーの選び方

ヨークシャテリアはゴールデンタンとダークスチールブルーの二色が特徴的な犬種で、かつてはネズミ捕りをしていましたが今では動く宝石と称される美しい犬種として知られています。選ぶ時には個体の姿・目に見える状態・フィーリングが重要ですが、血統など目に見えない部分も知るとおおよその健康リスクが分かります。

料理が苦手な人でも作れる

エサ

食材選びが最も大切

犬の手作りご飯は、豚肉や牛肉、鶏肉などのお肉をベースとしたもの、鰯やアジなどの魚介類をベースとしたものなど、使用されている素材によってさまざまな種類があります。手作りご飯のメイン食材となるお肉や魚介類に加えて、ジャガイモやカボチャ、ブロッコリーやニンジンなどの野菜を適切に混ぜることにより、さまざまな味や食感の料理を作ることができます。そのため、日替わりでメニューを替えることも可能で、愛犬に飽きられることもないでしょう。メイン食材と野菜の配合比率や種類を変更することは、栄養のバランスを整えるという観点からも重要です。育ち盛りの若い犬には、血液や筋肉を作るための材料となるタンパク質をたっぷりと与えるために肉や魚の分量を多くするのが理想です。メイン食材とトッピングする野菜を選んで、それらを食べやすい大きさにカットしてから混ぜ合わせるのが基本的な犬の手作りご飯の作り方です。食材をカットするのは、包丁や調理バサミがあれば十分ですが、フードプロセッサーがあれば調理時間を節約することができます。ざっくりと切った食材をフードプロセッサーにかければ、あっという間に犬の手作りご飯ができあがります。主食として与える犬の手作りご飯以外に、おやつとして食べさせるのにピッタリの料理もありますが、どれも原則として、味付けは必要ありません。食材の持つ自然の旨味や甘みで十分に美味しくなります。犬の手作りご飯を味見して、食卓塩などを追加する人もいますが、塩分のとりすぎは犬にとって危険なので、十分に注意しましょう。